世界の名将に評価された23歳 水球?足立「自分はまだまだ」からの未来

  • 时间:
  • 浏览:57

  “水中のハ必发88官网ンドボール”と称されることもある水球競技。男子の場合は競技エリアが縦33.3m、横20mあるプールの中で、屈強な選手たちがキーパーを含めて1チーム7人でひとつのボールを奪い合い、ゴールを目指す。第1ピリオドか必发88ら第4ピリオドまで区分けされ、1ピリオド8分間で争われる。水しぶきも“目くらまし”として使うこともあり、戦略は無限大。一度見ると、そのスピード感とダイナミックさに圧倒されることだろう。

  当然、水球必发88の花形はシュートだ。体の自由が利かない水中でディフェンスを交わし、たくみにボールと自分の体を操り、相手チームの一瞬の隙を突く。その技は、華麗だ。

  16年リオデジャネイロ五輪(以下、リオ五輪)に32年ぶりとなる出場を果たした、水球男子の日本代表チーム。その中で172センチと、水球選手としては不利な体格にもかかわらず、そのたぐいまれなるシュートセンスが認められ、当時は大学生ながら日本代表チームに名を連ねたプレーヤーがいる。今では日本代表のポイントゲッターであり、エースとしてチームを牽引(けんいん)する足立聖弥だ。


必发88 必发88官网